スマホヘッダーロゴ
TELボタン

志水、透明感あふれる生物をハントする

2019-04-15

4月15日。僕はとある情報を元に長崎県生月島に来ました!なにやら、透明感あふれる生物が姿を現したとの話!これは調査せねば!!

まずは捕獲する道具をご紹介!

これはエギと呼ばれる日本伝統漁具を素人でも使いやすく、より海老に見えるように改良された釣り具!!今回これをエビのように跳ねさせることで奴を狙いたいと思います!!

午前10時。若潮、風速8メートルと気を抜くと落ちてしまいそうなタフコンディション。。画像で伝わらないのが残念。。。

しかし、ブログ期限が今日までの僕は決行するしかありません。少しでもフレッシュな情報をお届けしたい想いの一心でしゃくり倒します。

これはタイドグラフ。潮の満ち引きやその時間を書いているグラフです。ヤツはこの潮の流れや動き、太陽光の強さや向きに敏感なので常にチェックします。

 

そんなこんなで3時間ほど経過した午後1時!

ついに!!

デン!見てくださいこの透明感!僕の左手が透けてます!!これは!イカの王様アオリイカ!!綺麗ですねぇ、、、エメラルドに光る斑点模様も目を奪われます。

熱帯、温帯区域に広く分布し日本各地で人気なターゲット。食べてよし、つって楽しい!!呼子のアオリイカとかでおなじみですね!

冬は水温の低下とともに温かい水を好むアオリイカは深い沖の方でジッと春を待ちます。そして春になると産卵のため餌を求めて岸に寄ってくる訳です。桜が満開の季節になるとソワソワしちゃいますw

僕もこんな透明感あふれる肌になりたいですね。