スマホヘッダーロゴ
TELボタン

妊娠中のヘアカラー大丈夫?

2016-11-19

妊娠中のヘアカラーに関する噂…

妊娠中のヘアカラー、パーマ…ちょっと気になりませんか??

『毛穴から薬剤が体に染み込んで…血液に混ざった薬剤が赤ちゃんへ伝わり、

赤ちゃんに悪いんじゃないの??』そんな風に考える方や噂が多いようです。

 

これは間違いです!!

 

カラーやパーマ剤が毛穴を通って赤ちゃんに届く、、

なんて事は医学的に今のところ根拠がないんです!

確かに化学薬品ではありますし、とてもじゃないけど口にできる代物ではありませんw

だからといって頭皮を通って体に浸透しちゃうってことには繋がらないんですよ!

体には元々バリア機能がありますので(^^)

 

じゃあ、問題ないの?

じゃあほかに妊娠中にヘアカラーやパーマに注意する点は??

私的に気になる点をいくつか。、

妊娠中はホルモンバランスの変化によりいつもより皮膚が敏感に!

普段は大丈夫でも妊娠中は染料やパーマ液の薬剤で頭皮がかぶれたりする場合も。

アパートメントヘアーで使用中のヘアカラー剤は、

タマリスのクリエイティブフェリオネオ

kay

data:text/mce-internal,content,%3Cimg%20class%3D%22alignnone%20size-full%20wp-image-2104%22%20src%3D%22http%3A//apartmenthair.net/wp-content/uploads/2016/11/kay.jpg%22%20alt%3D%22kay%22%20width%3D%22630%22%20height%3D%22316%22%20/%3E

↑タマリスウェブサイトより

業界内でもトップクラスの低刺激カラーです!

今までカラーで沁みてた人でも刺激を感じないと喜んでもらってます(^^)

また、つわりの時期は薬剤の匂いで気持ちが悪くなってしまったりすることがあります。

気分が悪くなったらすぐにスタッフにお伝えくださいね。

また、カラーやパーマは拘束時間も長く、妊婦さんにとって座りっぱなしでいることは腰痛や浮腫みに繋がるのでこちらも無理なさらないように。

・寝不足や少しでも体調が良くない日は避ける
・妊娠していることを美容師に伝える
・時々体勢を変えさせてもらう(クッションを借りる)
・トイレを我慢しない
・肌が敏感になっているので心配な方は極力皮膚に付かないように施術してもらう
・シャンプーの際、仰向けに寝かされるのでお腹が大きく苦しくなるので30週目以降はカットのみの施術をえらびましょう(脚を曲げるとラクになる方が多いです)
このような点に気を付けていただいて妊娠中の美容室を楽しんでくださいね

 

 

image